陥入爪(かんにゅうそう)の治療

陥入爪は「巻き爪」ともいわれ、多くは足の親指の爪が丸く変形するもので、時に炎症を起こし化膿することもあります。痛みのために靴などが履けずに歩行に不自由を来たします。なかなか治らず、放置するとカリフラワーのように肉芽組織が盛り上がってきます。このように炎症を起こし痛みがある場合は局所麻酔下にその爪を部分切除します。

最近では超弾性ワイヤーを使用して爪の変形を治す治療法も行っています。(図参照)

関連記事

  1. 成長期の「けが」と「障害」について

  2. 麻痺のリハビリテーション

  3. スポーツ障害と外傷

  4. 肩こりと五十肩

  5. 足関節捻挫

  6. 痛風について

PAGE TOP