足関節捻挫

当院の「足関節捻挫」の治療

足首の捻挫は、まず骨折や脱臼が無いことをチェックします。次いで靭帯の損傷の程度を診断し、加えて局所の腫れや痛みをよって治療を決めます。普通、靭帯の断裂があると思われるⅡ度(中等症)、Ⅲ度(重症)の捻挫の場合は足関節の固定が必要になります。

当院では写真(1)のようにこれまでのギプスとは異なる弾性のあるプラスティックギプスを使用し治療しています。損傷の程度や症状によって固定期間や固定方法、その後のフォローが異なってきます。

   (1)                         (2)

           

関連記事

  1. 痛風について

  2. 成長期の「けが」と「障害」について

  3. 肩こりと五十肩

  4. 腰が痛い

  5. 骨粗鬆症について

  6. 正しい薬の飲み方・使い方--整形外科から

PAGE TOP