医療法人かかず整形外科 麻酔科・リハビリ科・リウマチ科

トップページ

病気の話

トップページ > 病気の話 > 大腿・下腿・足

  • リンク・医療機関など
  • 宮城県休日当番医
  • リハビリ室
  • 病気の話
モバイルサイト

足首関節捻挫

アキレス腱腱鞘炎

私は24歳の女性です。
レストランの調理の仕事を手伝うようになって半年になりますが、最近左足のアキレス腱の痛みが出るようになりました。一日5時間は硬い床の上で歩き回っています。さしあたってのご指導をお願いします。
アキレス腱の痛み?
症状からアキレス腱の腱鞘炎と思われますが治療としては
1、局所の安静
2、ヒールの高い靴をはく
3、理学療法(レーザー、SSP、アイスマッサージなど)
4、消炎鎮痛剤(経口薬、塗布剤、湿布剤)
5、局注(局麻剤+ステロイド) 以上を組み合わせて治療を行ってもらうといいでしょう。 さしあたり、2をやってみてください。

▲トップへ戻る

足首のけがで悩んでいます。
私は、現在左足首の怪我に大変苦しんでいます。ぜひ、先生の良きアドバイスをお願いいたします。日常の歩行は勿論、全ての運動が出来ない身体に苦しんでいます。来年から駅員になるのですが、このままですと普通の生活が出来なくなります。どうか助けて下さい。簡単に怪我の経過を記します。H8.8月1日.合宿中に左足首の外側を捻挫。"バキッ"と音がした。翌日、某病院でギブス固定。骨に異常なしとの診断。
8月9日病院で一度切開したが、再びギブス固定。
8月20日翌日から遠征出発のためギブスをはずす。
8月25日松葉杖だったが、この日から歩き出す。
9月18日 遠征後、病院に再診し診察終了と言われる。
11月13日 痛み、違和感が消えないため都内の診療所に通い出す。レントゲンに異常なし、電気などを週一回当てる。 H9.1月16日.足首外側の痛みが消えないため国立病院に行く。 レントゲンに異常なし、安静にとの診察。
3月中旬 就職活動のため、都内を革靴で毎日三ヶ月間に渡り歩き回る。疲れてくると痛みが増したが、サポーターで補強。
6月25日 活動が終了しても痛みが取れないため、大学病院に診察に行く。 レントゲンに異常が無いので問題無しと言われる。
7月6日 急激な痛みを伴い歩行困難になる。 翌日回復。 その後、日によって痛みかたは違うが調子が悪くなる。
8月1日 再び大学病院に行く。靭帯が痛んでる可能性あるとの診断で、患部にキシロカイン注射。
8月15日 経過を見せに再診、破裂した事もあり効き目なし。レントゲン撮影後、手術の方向で治療すると言われる。
9月12日 再びレントゲンを撮り、外側の靭帯が切れている可能性があるとの診断。ストレス撮影で右に比べ左外側の骨が離れてると言われる。
9月24日 関節空造影撮影。外側の骨と中心の太い骨とを繋ぐ靭帯が切断とのこと。
10月14日 靭帯手術の予定で大学病院に入院。
10月15日 ストレス撮影後、手術に不適当な症状と言われる。
10月16日 再びレントゲンを撮り、靭帯に異常はないと言われる。
10月17日 靭帯ではなくそれを留めてるバンドに炎症があるとのこと。手術はせず、キシロカインとデカドロンを週一回三回にわたり注射。痛みが消えない場合は、サポーターで補強するしかないとの最終診断。
結局、一生治らないという事になりそうで不安です。22歳の私としては、どうしても治したいのです。かといって、無駄なレントゲン放射能やステロイドの犠牲になるのも怖いというのが本音です。 どうか、良きアドバイスをお願いいたします。
足首関節捻挫について
お答えします。きちんとした病院で診察を受けているようですので、大学病院のドクターの指示に従い療養してください。実際に診察をしていないので正確な病状の把握は難しく、満足のいくアドバイスはできかねますが、1、ある期間(6ヶ月から1年)は保存的治療で様子を見ることが必要な気がします。2、日本シグマックスで販売している「エバーステップ5」という足関節内反外反防止用の装具を試してみると良いと思います。
運動選手で足首の痛みで走れない選手が走れるようになった例を多く経験しています。運動の時や遠出の時などに着用し、普段痛みの無い時ははずしておきます。整形外科の病医院で処方してもらえます。(7000円程度)3、そうしているうちに、痛みがだんだん軽減していく可能性があります。少しでもお役に立てば幸いです。

▲トップへ戻る

こうした治療は、「整形外科」の専門医でなければ上手くやれません。
まにあわせの治療は費用もかかり、結果も良くありません。