医療法人かかず整形外科 麻酔科・リハビリ科・リウマチ科

トップページ

病気の話

トップページ > 病気の話 > 股関節

  • リンク・医療機関など
  • 宮城県休日当番医
  • リハビリ室
  • 病気の話
モバイルサイト

変形性股関節症(1)

変形性股関節症(2)

単純性股関節炎

65歳の母のことについて相談します。
母は、変形性股関節炎と診断されました。手術を受けずに様子を見ることにしました。日常生活で気をつけることがありましたら、教えてください。これ以上症状が進まないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?現在の症状は、動いていないときには全く痛みがありません。歩くと、股関節のところはいたくないのですが、太股のところが張ってきていたいのだそうです。右の方が、張りが激しくあまり歩幅がとれません。長い時間たっているのがつらいそうです。また、左足は、あぐらをかくように開けますが右足は、開けません。お座りは大丈夫です。足の爪を切ることはできません。手術をすると開きが悪くなるかもしれないと言われ、人工の骨なので、又再手術をしなくてはならないかもしれないとのことなので、悩んでいます。 軟骨が減ったとの説明でしたが、なるべく手術をいないで現在より良くなる方法は、ないでしょうか?じっとしていると痛みは、ないと言ってもただ部屋にいるだけの生活では、楽しみもなくなんとかしてあげたいと思っています。何軒か医者を変えたのですが、どの先生も言うことは一緒で、詳しい説明はいっさいありませんでした。様子を見ましょうとのことです。でも素人ですので、どのようなことに気をつけたらいいのかわかりません。医学書を探しても見つかりません。 どうかよろしくお願いします。
変形性股関節症について
お答えします。 変形性股関節症について
1)日常生活で気をつけること。 原則は股関節に負担をかけないことです。 つまり
a.ふとらないこと
b.長い距離を歩いたり、走ったりしないこと
c.運動は水泳や自転車が良い
d.重いものを持って歩かないこと
e.日常生活上の工夫をする 作業台(台所など)の高さの調整 杖の使用 椅子や風呂、トイレなどの工夫 などを実行して欲しいと思います。

2)治療法 主として整形外科専門の医療機関で行っています。
a.温熱療法 血流改善、関節拘縮改善、疼痛改善などの効果あり
b.体操療法 関節可動域改善、筋力増強、下肢牽引
c.薬物療法 ・消炎鎮痛剤、湿布剤 ・関節内注射・・・ヒアルロン酸ナトリウム ( ただしこれは保険適用外)関節軟骨表面を被覆し、保護、軟骨変性の抑制, 病的関節液の潤滑機能の改善により疼痛寛解が期待されます。

などを組み合わせ、主治医の先生の指示に従い行うことが肝要です。

変形性股関節症は、「股関節の軟骨が擦り減る病気」です。しかし、軟骨は重みをかけずに運動していると修復していくことが分かっており、 保存的治療であれ、手術的治療であれ、これが全ての治療の基本になります。安静にしていると痛くないのですが、痛みの出現に変化があり、非常に痛い時と比較的楽な時があり、痛みが辛い時は手術でもなんでもやって欲しいと思うのですが、一旦楽になると、これなら手術はしたくないと思うようになるのが人情です。どうしたら良いのか迷ってしまうのが当たり前です。しかし、多くの場合は少しづつ症状が進んでいきます。そして、どうしても保存的には無理な場合に手術になります。 手術療法には、・人工股関節全置換術 ・回転骨切り術 ・その他 などがありますが今回は手術を受けないということが前提ですのでこれについて詳細は述べませんが、人工関節全置換術は60歳以上が適応の基本ですが、最近では素材、技術手技、考え方の進歩により50歳代でも行われております。余り高齢になりますとリスクが大きくなります。軟骨がある程度残っている場合は回転骨切り術が良い適応になることがあります。この見極めには精密検査が必要になります。

▲トップへ戻る

子供の頃股関節脱臼を・・・おたずねします。
私は49歳、女性です。子供の頃股関節脱臼をしていて治療をしています。 2年くらい前まで普通に行動していました。スポーツが好きで学生時代にはバレーボール選手をそして2年前までは毎朝テニスをしていてシングルスの大会にも出場していました。ゴルフもやりかけて少々面白くなった頃、右足の股関節の外側に違和感を覚え痛みがあっていつまでも直らず走ることが難しくなって病院で診察を受けて変形性股関節炎と診断されました。会社を夫と経営していますので長期に入院等はためらわれます。またかといってスポーツもやめられません。できればテニスやゴルフが週1、2回できて会社を誰かに任せる余裕ができる頃、だいたい65歳頃手術をして、いえなるべく手術をしないですませたいのですが、、、。一時運動をぱったりやめて接骨院に1週間に1度ずつ通って治療を受けていました。運動をやめる生活は私には精神衛生上も良くないことを自覚しました。接骨院の治療はそれなりに効果があったりしますので治療の要領を覚えて自分で調整しています。 スポーツをしながら手術をしないですませたい。こんな希望に対してアドバイスをお願いします。また手術のことも詳しいことがわからないのでそれも 知りたいのですが。
変形性股関節症(2)について
お答えします。 文面には変形性股関節炎とありますが、正しくは変形性股関節症のことと思います。これはあなたのようにいわゆる先天性股関節脱臼(LCC)がありますと、大人になってから変形性股関節症(OA)を発症することが多いのです。しかし、LCCが無くとも女性の場合は更年期が過ぎてから変形性股関節症を発症し易くなり、整形外科の外来を訪れる方が少なくありません。変形性股関節症は少しずつ進行するのが大半で最終的には人工関節全置換術(THR)を行うことになります。もちろん手術をしないで保存的治療で経過している方も少なくありませんが、患者さん身の必要度によるわけです。痛みが強く、日常活動に支障を来たしいわゆるQOLが阻害される場合は手術的治療をした方が良いと思います。THRは普通、60歳以上に適応があり、若い方の場合は保存的治療か別の手術方法になります。現在ではTHRはかなり進んでおり、手術に習熟した医師が行えばかなり良い成績となっています。ただし、術後はゴルフやテニスなどのスポーツで負担をかけることは好ましいことではなく、水泳や自転車など限られたスポーツのみが推奨されることになります。OAの程度にもよりますので定期的に整形外科医のいる医療機関で経過を追って診てもらい、適切なアドバイスを受けられることをお勧めします。案ずるより生むがやすし、手術をやって本当に良かったという声を聞く 度に、手術を勧めて良かったと思うこの頃です。

▲トップへ戻る

はじめまして、Hと申します。
懇意にしている隣のお子さんが、単純性股関節炎という病気にかかったのですが、病気の内容について、よくわからないということでとても心配されております。どういう病気なのか、短期の通院等で直る種類のものなのか、教えていただけませんでしょうか?お手数をおかけしますが、宜しくお願いします。子どもの年齢は、4歳男子です。以上宜しくお願いします。
単純性股関節炎について
主として活発に遊びまわる年齢(幼児から小学生)に多く見られます。日中元気よく遊んでいたのが夜になって、あるいは夜中に股関節から大腿部を痛がって泣き出し、翌日整形外科を訪れるといったパターンが多いようです。ほとんど片側性で、強い発赤や腫脹、発熱は見られませんが股関節の運動時疼痛を訴え、運動制限、跛行が見られます。注意深く観察すると少し股関節の腫れが見られる場合もあります。ほとんど1週間以内の安静(多くは幼稚園や学校を休ませ、家の中でトイレや洗面は普通にさせ、ゆったり過ごさせるだけで良い。)で治ります。痛みを強く訴える場合は坐薬などを使用したらいいでしょう。中には2-3週間、長引くときは1ヶ月程度軽い痛みが続く場合もありますが、こうしたケースは後に述べる病気と鑑別をしながら注意深く経過観察をおこなう必要があります。通常、レントゲン検査では骨の異常は見られませんが、関節液の貯留があると関節の隙間が広くなってきます。鑑別をしなければならない疾患として、化膿性股関節炎、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、などがありますが、臨床所見やレントゲン所見から 整形外科医にとって鑑別診断はそう難しいことではありません。

▲トップへ戻る

こうした治療は、「整形外科」の専門医でなければ上手くやれません。
まにあわせの治療は費用もかかり、結果も良くありません。